カードローンの注意点

カードローンの存在はかなり有名になりました。消費者金融のアコムやプロミスの名前を知らない人はほとんどいませんし、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のようなメガバンクでも、カードローンの取り扱いを始めています。

 

しかし、実際に利用した経験がない人にとっては、カードローンには疑問がたくさんあるはずです。カードローンについて詳しく知るための基本的な注意点がいくつかあります。

 

カードローンで気をつけるべき点

 

適用金利について

カードローンの契約条件を見てみると、金利3.0%~18.0%といった風に、幅があるのがわかります。実際に自分に適用される金利は、審査結果によって決定します。その為、金利何%で借りられるのかは申込むまでわかりにくいと思うかもしれません。

 

適用金利は審査結果によって決まる部分もありますが、限度額によって決まる部分が大きいです。様々なカードローンで、最低金利は低めに見えますが、限度額が最高値に近い人でないと最低金利では借りられません。最も適用されやすいのは最高金利です。

 

これは、多くの人がカードローンを契約する時、数十万円程度の限度額で申込みをするからです。限度額が少ない程金利は高くなります。

 

100万円未満の借入れの場合、三菱東京UFJ銀行のカードローンなら13.6%~14.6%、アコムなら7.7%~18.0%、プロミスなら17.8%という風に、金利はやや高めに設定されています。最低金利と最高金利の幅ではなく、自分の借入希望額に対してどの位の金利が適用されるのかをしるのは、比較をする上で大切です。

 

消費者金融でのカードローン利用においてはほとんどは上限金利となるため、加減金利だけを見ると3.0%と低く見えるモビット高松で借りる場合においても、少額であれば上限の18.0%での借入れとなります。

 

下限金利に近い水準で借りるためには大きな限度額での契約が必要となるため、基本的に少額での契約となる場合が多い消費者金融においては上限金利でのカードローン利用となるのも当然なのです。

 

いくらまで借りられるのか

カードローンの契約条件には金利だけでなく、最高限度額も記載されています。アコムなら800万円、プロミスなら500万円まで借りられますが、申込みをすれば500万円借りられるという訳ではありません。

 

借入可能額は審査によって決定しますが、法律による規制もあります。消費者金融の場合、総量規制という法律によって、借入総額が年収の1/3を超える貸付けは禁止されています。アコムやプロミスで500万円の限度額で借りるには、少なくとも年収1,500万円以上が必要となります。

 

他社でカードローンやクレジット契約を結んでいる人は、それも含めて年収の1/3までが借入れの限界となります。

 

ただし、銀行系のカードローンは総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える借入れも行えます。その為、収入の無い専業主婦やすでに他社でも借入れしている人、年収の少ない人が銀行系のカードローンを選ぶ傾向にあります。

 

ただし消費者金融にせよ銀行系カードローンにせよ、審査に通らなければお金を借りられません。複数社で借入れをしている人は、それだけで審査では不利になるので、注意が必要です。

 

審査基準が銀行よりもいくらか低くなるとされているプロミス川崎での借入れも、他社での利用が多すぎれば審査には通過ができずにお金が借りられません。返済能力を超えた貸付けは今の消費者金融でも行っていないので、多くの借入れを抱えている方の新規利用は難しくなってしまっているのです。

 

返済はきつくないのか

カードローンでお金を借りるというと毎月の返済の負担が気になるという人もいます。カードローンも借金の1種なので、借りたお金は返さなければなりません。しかし、世間で思われているほど、カードローンの返済の負担は大きくはありません。

 

カードローンでお金を借りると、約定返済といって、決められた金額と定期的に返済していくのが一般的です。例えば三菱東京UFJ銀行で5万円借りた場合、毎月2,000円を返済していきます。借入額と返済額の相関関係は各カードローン会社によって違いがありますが、それ程多額の返済は求められません。もちろん毎回返済を行っていけば借入残高は減っていくので、借金が膨れ上がるというのは間違いです。

 

返済の負担がきつくなるという状態は、繰り返しの借入、他社など複数社での借入れによって起こり得ます。ただし消費者金融に関しては、年収の1/3までと限度額が決められているので、過剰な借入れが起こりにくいようになっています。

 

一方で銀行系カードローンの場合は、年収の1/3を超える過剰な借入れができる可能性があるので、こちらでの借り過ぎには注意が必要です。